介護福祉の専門学校で資格取得するなら実習が充実している学校で

サイトマップ
病院の受付

実習も充実している介護福祉の専門学校

ファイルを抱えた女性

介護業界で安心して働きたいのであれば、まず介護福祉専門学校で勉強を始めることがおすすめです。資格や経験がなくても働ける求人が多いことでも注目を集める介護業界ですが、この場合介護職に関するしっかりとした知識を学ぶ機会がないまま、見様見まねで仕事をしていく形となることは少なくありません。それに対し、介護福祉専門学校であれば介護職に関する基礎知識をしっかりと身につけていくことができるだけでなく、実習を行う機会も用意されています。講師の指導の下で実習を行い、正しい介護の仕方などを学んでいけば、自信を持って利用者様と接することができるようになるでしょう。さらに、仕事に対して自信を持つことができれば、そこから更なるキャリアアップを考えることができる余裕も生まれます。そのため、長く介護業界で働き続けていきたいのであれば、介護福祉専門学校の活用を考えておいて損がありません。介護福祉専門学校に通うことは、遠回りになるのではないかと考える人もいますが、働きながらであれば、3年以上の実務経験が必要となる介護福祉士の受験資格を2年で得られるなどのメリットもあります。こうしたメリットがあることも、介護福祉専門学校の魅力の一つとなっています。

介護福祉士の資格取得を目指すのなら専門学校に行こう

介護業界で長く働き続けていくために、取得を考えておいて損がないのが国家資格の一つ、介護福祉士です。介護福祉士を取得すれば、ケアマネージャーなどさらに上の資格も目指せるようになり、介護業界での働き方が大きく広がることになります。介護業界で3年以上働くことで、介護福祉士の受験資格を得ることができますが、働きながら国家資格取得のための勉強をしていくということは容易ではありません。それに対し、介護福祉専門学校であれば2年で受験資格を得ることができるだけでなく、合格に向けた勉強に集中できるというメリットがあります。さらに、専門学校では介護福祉士の資格を取得するための対策をして貰うことができるため、効率良く国家資格取得を目指したいのであれば、介護福祉専門学校に通うところから始めておいて損がありません。そんな介護福祉専門学校では、介護福祉士以外にも様々な資格取得を目指すことができます。さらに、資格取得を目指す以外に介護業界で働くために有効な様々なカリキュラムが組まれています。そのため、少しでも早く介護福祉士の資格取得をしたい時は勿論、長く介護業界で働き続けていくことができるスキルを身につけたいといも、介護福祉専門学校で学ぶことを考えておいて損がありません。

介護福祉士になりたいなら専門学校がおすすめ

高齢化が進むにつれてさらにニーズが高まる介護福祉士ですが、そんな介護福祉士を目指すのなら専門学校がおすすめです。介護福祉士になるためには、専門学校以外にも大学や短大へ進む道もあります。どのルートでも最終的に国家資格である介護福祉士の資格を取得することは可能なのに、なぜ専門学校がおすすめなのでしょうか。介護福祉士になるために専門学校を選ぶべき理由はいくつかあります。1つは、高校を卒業したあと最短で介護福祉士の資格を取得できるためです。大学に進学して介護福祉士になる場合最短でも4年はかかってしまいますが、専門学校の場合は2年で資格を取ることができます。働きながら介護福祉士の資格を取るルートもありますが、この場合介護業界での3年の実務経験と450時間の研修講座を受けなければならないため、非常に大変です。ですので、すぐに介護福祉士として働きたいという方には、専門学校がおすすめです。また専門学校の場合は大学や短大よりもより実践的な講義が多いため、即戦力になれるというメリットもあります。知識だけの頭でっかちになると現場に出てから苦労しますが、専門学校の場合は実践的な経験を経て現場に出るため安心です。ですので、介護福祉士になりたいという方は、介護福祉の専門学校を選びましょう。

  • 勉強する人

    介護福祉の専門学校を選ぶ際のポイント

    介護福祉士になるためには専門学校に通うのが1番の近道ですが、専門学校に通うためには決して安くない学費がかかります。そのため学校選びについては慎重に行う必要があります。介護福祉の専門学校とは、どの…

    more
  • 待合室の椅子

    能力と適性を考えて介護福祉の専門学校を選ぶコツ

    高齢者福祉のスペシャリストとして活躍したい場合には、介護福祉系の専門学校に進学するのが理想的です。確かに未経験者でも働ける施設はありますが、専門学校で高度な内容を学んだほうが有利な条件で就職でき…

    more
TOP